タイ、マレーシア、インドネシアでのメールマーケティングはレピューテーションにご注意!

タイのバンコクでメールマーケティングを行っています。
メール配信用語でブロックという言葉があります。

メールがブロックされているという言葉をお聞きになったことがあるのは、
マーケティング担当の方に多いかと思います。

「メールがブロックされている!」とはどういう意味でしょうか?

メールサーバーにメールがたまっている。
各プロバイダーが受け付けない、又は少しずつしか受け付けてくれない、
この様な状況のことをブロックと言っております。

このブロックの状態は何日も継続する場合があります。

ブロックされている状態ですと、もちろんメールは届きません。

メールマーケティングはお客様に読んで頂いてからが勝負ですが、
勝負の前に負けてしまっている状態と言えます。

ブロックされている要素は何だと思いますか?

ここで実は面白い仕組みをお話します。

メールにも評判があり、評判の悪いメールはブロックして受信しない様にしているのです。
素行の悪い人との付き合いはやめるという、人間的な振る舞いに似ていますね。
これをメールマーケティング用語ではレピューテーションと言います。

では、レピューテーションを低下させる行為とはどういうものでしょうか?
代表的なものは以下になります。

・大量に存在しないアドレス宛に送信してくる。
・見てもらえないメールを継続的に送ってくる。
・ユーザが明示的に迷惑メールとする様な内容を送っている。

上記のレピューテーションを悪化させる行為は納得のいくものがあります。

このレピューテーションは、SPAMを止める技術の1つです。
メールサーバーのIPアドレス(インターネットの住所)ごとに、
どれくらいまともなメール(オプトイン率・不達率)を送信しているかを調査しています。
その結果を世界中で共有しているのです。

そしてこれまた面白いお話なのですが、囮調査の様なこともしています。
メールマーケティング用語でTrapHitsといいます。

TrapHitsとは、どんなものでしょうか?

Hotmailなどではあり得ないメールアドレスを分析しています。
そしてその様なあり得ないメールアドレスへ配信が行われた際に
その行為を記録して、全体的なブロックに活用します。

このTrapHitsのためのメールアドレスは、囮のアドレスであるため、
送信者側からは受信が完了した様に見えます。
つまりエラーメールになって返ってこないのです。

結果、継続して「囮アドレス」へ送り続けると、永遠にTrapHitsに該当します。
自社のメールサーバのレピューテーションは落ちに落ち、
ついにはブロックされてしまいます。

自身の評判を確認してみたことはありますか?

例えばHotmailではSNDSという仕組みがあります。
これはHotmailがネットワーク管理者向けに公開している情報です。
ここで自社のメールがHotmailへどのように届いているかを確認できます。

Yahoo!やHotmailやGmail等のフリーメールアドレスのアカウントへ
メールを送信すると極端にレスポンスが悪いといった場合は、
TrapHitsの多発が記録されているのが原因かもしれません。

現実社会もそうですが、インターネット空間上でもマナーを守ることが大切です。
自身のレピューテーションを高める作法でメールマーケティングをすることが
自身のリターンを最大化することにつながると考えています。

レピューテーションを高める作法でのメールマーケティング等、
Emailマーケティングでご相談がございましたら、是非、当社までご連絡下さい。

タイ、インドネシアでのお問合せ先:
http://www.crescere.co.th/
http://webcas.crescere.co.th/
マレーシアでのお問合せ先:
http://www.marvelous-i.com.my/

http://webcas.marvelous-i.com.my/