ビッグデータの活用と弊社のWEBクローリング技術

タイのバンコクでウェブクローリング技術を利用した自動データ収集とリスト化のサービスを提供しています。

私達のサービスを利用しなくても、数万ページにアクセスして、一つ一つの情報を手作業で収集することは可能です。
しかし膨大な時間がかかります。
これをプログラミングにより自動的にかつ正確に素早く行うのが、私たちの強みです。

ウェブクローリング技術はWEBスクレイピングとも呼ばれています。
このWEBスクレイピングの技術は昨今の注目キーワードである、ビッグデータの活用に欠かすことのできない技術です。

ビッグデータとは何かといいますと、インターネット上に存在する無数の情報のことを指します。
なぜビッグデータが注目されているのかの理由ですが、
大量のページを取得して、収集したページを処理して、情報をデータ化すると競争優位が生まれるからです。

このデータを分析することでビジネスに活用できます。
情報をクラウドに集めて分析することが大手企業で行われる様になりました。

対象とするデータはネットのニュースや特定サイトの情報に限りません。
facebookやtwitterなどのソーシャル上の情報やスマートフォンのアプリから得られる情報まで幅広く存在します。

iPhoneやAndroidのスマートフォンの普及により、個人から得られる情報が格段に多くなりました。
アプリにより検索や機能の使用の履歴が簡単に収集できます。

より精度の高い行動ターゲティングに関する情報が活用できる時代となったと言えます。

私達の提供するWEBスクレイピングのサービスはアプリから得る情報を対象とはしていませんが、連動することはできます。

ニュースから特定の記事を自動的に集めてiPhoneの任意のアプリに情報を表示させる様なことができます。
まとめサイト的な使い方もできれば、特定キーワードでの口コミやレビューの配信にも使えます。

WEBスクレイピング技術を利用した、ビッグデータの活用はアイデア次第と言うところがあります。
大量のデータを収集して分析する土台は作れても、その切り口をどのようにするかは業務に精通し、マーケティングのセンスのある方でないと分かりません。

そういう意味でもビッグデータの活用は私たちの様なスクレイピング職人と分析に特化したマーケッターとの共同作業で良い結果を得ることができるものだと認識しています。

私達のサービスの詳細はこちらにご紹介しております。
http://web-scraping.asia/

是非、アイデアのある方々からのご連絡をお待ちしております。