タイのバンコクで相互接続試験(IOP)サービスを提供する。

タイのバンコクで相互接続試験(IOP)を行っています。

BPOサービスとして提供しておりまして、
価格はタイの現地価格をベースとしております。

タイで電子機器類をベースとしたサービスを提供するとき、
タイでのフィールド試験が必要となります。
この様な場合に相互接続試験(IOP)を行いますが、基本的に全ての現地のリソースを使う必要があります。

日本では問題なく完了した試験内容もタイではNGとなる場合があります。
それは内部で使われている電子部品のチップの差であったり、
電子機器の認定ロゴマークの検査基準の差であったりします。

弊社はこのあたりの事情を踏まえて、相互接続試験(IOP)を開始するときは以下のメニューを提供しております。

・タイ国内で販売されている試験対象のリストアップ
 ・現地市場調査
 ・ネットからの情報取集
 ・販売代理店への個別調査
 ・政府認定機関へのヒアリング

・相互接続試験(IOP)に必要なデバイスの調達
 ・新品一括購入交渉
 ・中古デバイスの調達
 ・デバイスのレンタル交渉
 ・試験スタッフの確保

・接続試験技術移管
 ・相互接続試験(IOP)用の試験機材の受け入れ
 ・仕様書のタイ語/英語への翻訳
 ・1週間程度の現地でのサンプルテストの実施
 ・試験の正常系および異常系の処理フローの確立
 ・試験ログの取得
 ・相互接続試験(IOP)日次作業報告レポート

・相互接続試験(IOP)後の撤収作業
 ・相互接続試験(IOP)デバイスの返却
 ・試験仕様書等の機密文書の破棄
 ・デバイス内の試験ログの消去
 ・相互接続試験(IOP)デバイスの保管

タイだけでなく、マレーシア、ベトナム、カンボジア、インドネシア、シンガポール、フィリピンでも対応可能です。

ASEANでの相互接続試験(IOP)は是非、当社にご依頼下さい。

bpo@crescere.co.th